体の悩み・医療 心療内科系・うつ病・不安障害・パニック

【荒木式】うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~から一日一食 健康法のメリット・デメリット!部分的にうまく取り入れると良いかも!【知って損はない健康雑学】他

投稿日:

本日のおすすめ『一日一食 健康法のメリット・デメリット!部分的にうまく取り入れると良いかも!【知って損はない健康雑学】』等

医者のウソの見破り方 アトピーの夫と暮らしています

医者は全員嘘つきである。医療とは「治さないほうが儲かる商売」、医者とは「嘘を嘘と認めない人間」である…。病院へ行く前に知っておきたい「医療の真実」■目次まえがき第1章 医者の言葉のウソ治さないほうが儲かる商売悪医が名医を駆遂した医者は根本的に嘘つき嘘をついても嘘と認めない嘘が嘘... 「アトピーは子どもだけがかかる病気」と思っていました――。治りにくく重症化しやすいといわれる「成人型アトピー」。著者が結婚した9歳年下のオットはアトピーでした。闘病生活は、驚きの連続であまりにつらい時には、死を考えたこともあったほどです。アトピー治療のための、脱ステロイド後の...

注目の情報『【荒木式】うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~』(株式会社 イコールヒューマン)

【荒木式】うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~

あなたを苦しめているうつ病や精神疾患を改善
あなたを苦しめているうつ病や精神疾患を改善して、二度と再発させない為の画期的な改善法についてお話をします。
この方法を実践すれば、元通りの元気な頃の生活を取り戻して、充実した毎日を送ることができるようになるでしょう。
薬や心理療法をやめられた方もたくさんいらっしゃいます。
さらに、この方法は、自宅で簡単に実践することができる方法なので、誰でも気軽に始めることが可能です。
私たちは、この方法で、あなたをうつ病や精神疾患から助けることができると信じています。
ですので、焦らずにゆっくりこの先をお読みください。

【荒木式】うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~の公式サイトへ

ひとり暮らしのトラブル安心BOOK モルモット

ひとり暮らしNAVIシリーズ第4弾!防犯、防災、健康管理、さらには住まいの修理やマネートラブルま... 小動物のペットして人気があるモルモット。 かわいらしい顔つきや仕草がとっても魅力的。 マイペースで温和な性格なので、お子さんがいる家庭でも好まれています。 そんなモルモットを飼ってみたい、飼い始めたけれどお世話の仕方が不安、という初心者の方に向けて 飼育の基本をコンパクトにま...

おすすめはやはり『【荒木式】うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~』

【荒木式】うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~

私たちが感じた中で、うつ病患者さんが最も辛いと感じていたり、最も悔しいと感じていることは、次のことだと思っています。
つまり、一緒に生活している家族からは…「どうして起きれないの?」「なんで仕事ができないの?」と言われたり、思われたりして、すごく辛い思いをされている方がとても多いです。
お世話になっている職場の上司や同僚からは…「どうしてそんなに仕事が遅いの?ミスが多いの?」「なんで休んでばかりなの?」と問い詰められて、仕事の責任を果たせない自分を責めてしまっている人も多いです。
信じて治療を受けている精神科医からは…「この薬はどうでした?効きました?」「じゃあ、次はこの薬を試してみましょうか?」と、まるでモルモットのように薬の話ばかりで、全くうつ病の苦しさを理解してもらえなくて幻滅している方も多いと思います。
周りの人にあなたの病気のことを十分に理解してもらえないが為に、さらにあなたの精神状態が悪化して、なかなか病気が良くならない原因にもなっているのではないでしょうか?病気を良くしたいと一番強く思っているのはあなたですし、その為にできる限りの努力をしているのもあなたです。
あなたは病気を治すためにすごく頑張っていると思います。
少なくとも、四六時中そのことばかり考えています。
でも、それが周りからは理解されない。
周りからは、さぼっているように見られていたり…怠けているように見られていたり…弱い人間だと思われていたり…こんなに辛くて悔しいことってないですよね?でも、少なくとも私たちは、あなたのその苦しみや辛さを理解しています。

【荒木式】うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~の公式サイトへ

-体の悩み・医療, 心療内科系・うつ病・不安障害・パニック
-, , , , ,

Copyright© 悩み解決ゾロ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.