スポーツ 野球

やるだけでグングン上達!~「縦振り式」練習ドリル~から【野球】メジャーリーグで実際に起こった神業スーパープレー集【守備】他

投稿日:

本日のおすすめ『【野球】メジャーリーグで実際に起こった神業スーパープレー集【守備】』等

新版 自転車トラブル解決ブック BOATBoy

ブレーキの効きが悪くなった、ギアがうまく変わらない、サドルがオシリにあたって痛い、ガタガタ... 3月号の主な内容●森高一真インタビュー●特集!「THE 進入」●特集! BB AWARD2013●BOATRACE深イイ話2014●ボートレース鳴門に旅打ちに行こう!●鎌田義の「鎌~ん! エブリbirdie」●「ROAD to PREMIUM」中田竜太●「SG実施要項について」●森喜春の「LQ」

注目の情報『やるだけでグングン上達!~「縦振り式」練習ドリル~』(株式会社リアルスタイル Real Style)

やるだけでグングン上達!~「縦振り式」練習ドリル~

お子さんを上達させたい、レギュラーにさせたいと思うなら
少年野球では、一般的にカラダの大きい選手の方が有利であるといわれています。
事実、カラダの小さい選手にくらべると、上達スピードの速い選手が多いように感じます。
なので、カラダが小さいことにハンデを感じている選手もたくさんいます。
とはいえ、少年野球は、カラダのサイズだけですべてが決まるわけではありません。
「いったい何が上達の差を生む原因なのか?」と、悩み続けていた榊原コーチ。
しかし彼は、ある発見をキッカケに上達の差を生む原因を突き止め、カラダの小さい選手や力の弱い選手をメキメキと上達させることに成功しました。
その結果、彼の指導を受けた選手たちは、カラダが小さく、バッティングが苦手だった選手が、一週間後の試合でホームランを打った守備が苦手だった選手が、チーム1のゴロさばきの名手になったボールを怖がっていた選手が、自分から前にでてしっかりキャッチできるようになった野球経験のまったくない選手が、親子でキャッチボールを楽しめるようになったなど、カラダのサイズやレベルに関係なく上達し、試合で活躍できるようになったのです。
なぜ、彼の指導を受けた選手たちは、短期間で別人のように上達できたのか?彼は、いったいどんな方法で選手たちを指導したのか?

やるだけでグングン上達!~「縦振り式」練習ドリル~の公式サイトへ

読む野球-9回勝負- 日本一わかりやすい 筋肉の本

9イニング制の野球にちなんでテーマを9個の切り口で特集。読者とガチで勝負する新しい野球ムック。No.1の第一特集は「三振」。1回=野茂英雄にまつわる関係者の証言「ストレートとフォークの2種類であれだけの三振がとれたのか?」 2回=江夏豊に聞く三振の極意 3回=上原浩治 MLBで驚異の奪三振率... 歩いたり、走ったり、スポーツを楽しんだり……。私たちはどうやってカラダを動かし、生命を維持しながら生活を送っているのでしょうか?人間のカラダには、たくさんの臓器や器官、200パーツ以上の骨、400種類以上あるという筋肉で構成されていて、それらが複雑に絡みながら働いているのです。そこ...

おすすめはやはり『やるだけでグングン上達!~「縦振り式」練習ドリル~』

やるだけでグングン上達!~「縦振り式」練習ドリル~

お子さんを上達させたい、レギュラーにさせたいと思うなら、何よりも優先して、上手い選手のプレー中の感覚を覚えさせることが大事になるのです。
もしあなたが、こう思われたのなら、ここからの話は大切です。
なぜなら今回、榊原コーチに指先の感覚を養う練習ドリルを教えていただき、DVDに収録したものを、あなたにお渡しさせていただくからです。
DVDには、スローイング・ドリル(どんな体勢からでも素早く正確に投げられるリリースの感覚を養う方法)ハンドリング・ドリル(確実にキャッチできるボールタッチの感覚を養う方法)バッティング・ドリル(飛ばせるインパクトの感覚を養う方法)これらすべてが収録されており、試合で結果のだせるプレーの感覚が、順を追って学べるようになっています。
また、榊原コーチの練習ドリルでは、投げたボールや打ったボールの軌道から、「教えられたことが上手くできているかどうか」が、チェックできるようになっています。
なので、野球経験のないお父さん、お母さんでも、お子さんが正しい方法で練習できているか、チェックしてあげることができます。
ぜひ、お子さんと一緒に練習に取り組んでみてください。

やるだけでグングン上達!~「縦振り式」練習ドリル~の公式サイトへ

-スポーツ, 野球
-, , , , ,

Copyright© 悩み解決ゾロ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.