ダンス・舞踊 趣味・占い

35歳からのバレエ入門からMI MI MI セクシー過ぎるダンス他

投稿日:

本日のおすすめ『MI MI MI セクシー過ぎるダンス』等

クラシックを聴け! お気楽極楽入門書 BiStory~アイドルを殺したのは誰?~

クラシックに親しもうと思ったら、推理小説を読んで、自分でサラダを作りなさい-?!わずか5曲を... BiS(ビス)=結成当初のキャッチコピーは‘アイドルを研究して、アイドルになろうとする、アイドル...

注目の情報『35歳からのバレエ入門』(浅見 仁美)

35歳からのバレエ入門

大人を教えるバレエ教師の方も必読のテキスト
「大人のバレエの続け方」は、疲れをためやすい環境・年代でバレエを細々続けている私には、非常にためになった。
「ストレッチはレッスン前よりもレッスン後」「レッスンがない日の過ごし方」など実践的なアドバイスが嬉しい。
35歳からバレエを始めた人、続けていく人に向けての日常の心構えのようなものが書かれています。
疲れをためない方法や筋肉の衰えに対しての対処です。
バレエをやっていると、どうしても「もっと、もっと」と無理をしがちです。
でも本来のバレエは子供の頃から訓練をたゆみなく続けて初めてなれる職業なのです。
大人が「趣味」として、バレエと長く付き合っていける無理のないスタンスを教えていただいているようで、私には大変ありがたいのです。

35歳からのバレエ入門の公式サイトへ

クラシック、これを聴いてから死ね! オレのクラシック

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、マーラーなどの14曲、これこそが死ぬまでに聴いておかな... 「クラシック音楽は娯楽ではなく、人間にとって大切な何かだ」と真正面から対峙するオレが全身を...

おすすめはやはり『35歳からのバレエ入門』

35歳からのバレエ入門

体は硬いし、なんだからバレエとは別物の動きをしているみたい・・・
そんな「大人バレエ組」の悩みを解決するために「大人から始めた人のための今すぐできるバレエのコツのと体の使い方」というテキストを書きました。
「大人から始めた人のための今すぐできるバレエのコツのと体の使い方」では簡単な解剖学的な説明と、バレエの基本的な体の使い方について解説しました。
先生の「バレエ語」と、身体の動きを結びつけるには、「実際に身体のどこを使っているのか」の知ることが早道です。
「35歳からのバレエ入門」では、筋肉や骨格の図も使って、そのときに使っている場所のイメージを持ちやすくしています。

35歳からのバレエ入門の公式サイトへ

-ダンス・舞踊, 趣味・占い
-, , , , ,

Copyright© 悩み解決ゾロ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.