バストアップの方法

胸大きくしたい☆彡速攻で努力しないバストアップ方法

一言でバストアップといっても、その方法はいろいろあります。

手軽に出来るところでは、バストアップ体操やマッサージなどの方法がありますし、バストアップサプリメントを利用する方法もあります。
また、エステや美容整形で、より確実にバストアップをするという選択肢もあります。
理想のバストを手に入れるために、まずは情報収集を充分に行いましょう。

 

・バストアップ筋トレ

エステや豊胸手術、サプリメントを利用する方法に比べて、より手軽でリーズナブルに始められるのがバストアップ筋トレです。
覚えてしまえば、いつでもどこでも気がついたときに行えるのも魅力。
取り組まない手はありません。
 バストアップする上で一番大切な筋肉が大胸筋です。
大胸筋は、バストの土台として、その重みを支える役割をしているからです。
筋トレの効果は、その筋肉を意識するかどうかで効果が大きく変わってきます。
バストアップ筋トレをするときは、この大胸筋を常に意識して行うことが大切なのです。

 

・バストアップ筋トレ

バストアップの要、大胸筋。
手軽に鍛える定番の筋トレは、腕立て伏せです。
その際、肩幅、肩幅より広め、肩幅より狭目など、手をつく間隔を変えながら行うとより効果的です。
腕立て伏せが出来ない場合は、膝をついた四つん這いの状態でも効果は期待できます。
また、胸の高さで合掌し、肘を張って押す方法も効果的です。
いずれも、鍛えすぎるとかえって胸が堅くなってしまうので、鍛えすぎには注意しましょう。

 

・バストアップマッサージ

バストアップを手軽に行うには、マッサージという手段もあります。
まず、鎖骨の中央部分からみぞおちへ向けて、両手の四本指で交互にさすり下ろしましょう。
次に、手のひらでバスト全体を下から上へ持ち上げるようにさすり上げます。
最後に、左手を右バストの上部内側へ置き、わきの下へセッティングし、右手はバストの下部外側へ置き、内側へセッティングし、それぞれを手のひらで同時にさすります。
この一連の動きを、それぞれ3回ずつ、一日3セット行いましょう。

 

・バストアップマッサージ

バストアップをさせたいと思ったら、わきの下にある腋窩リンパ節や、大胸筋を刺激するのが効果的です。
 まず、左側の胸の上の大胸筋に右手を当て、内側から腋窩リンパ節へらせんを描くように4本の指でさすり、リンパを流します。
次に、バストの下から腋窩リンパ節へ、両手の4本の指を交互に動かし、引き上げるようにしてリンパを流していきます。
最後に、手のひらを軽く丸めて、指先でバスト全体を下から上へたたき上げましょう。
 この一連の動きを、それぞれ3回ずつ、一日3セット行いましょう。

 

・バストアップサプリメント

バストアップサプリメントには膨大な種類がありますが、実際にはどのような成分が含まれているのでしょうか?
 バストアップに有効な成分としては、ブラックコホシュ、ビタミンE アミノ酸、ビタミンA、プエラリアミリフィカ、イソフラボンなどが挙げられます。
それぞれ効能が異なる成分なので、自分の目指すバストに合った効果が期待できるサプリメントを求めることが大切です。

 

・バストアップに効く食材

バストアップに効く食材には、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを含む大豆製品、エストロゲンの分泌を高めるボロンが含まれるりんご、ブドウ、ナシ、モモ、レーズン、ワカメ、キャベツ、とろろ昆布、ひじき、めかぶなどがあります。
また、ミネラルやビタミンを多く含むアボカドや、ミネラルやアミノ酸、ビタミン類やタンニンなどが多く含まれるザクロ、コラーゲン豊富なマシュマロなどが挙げられます。
 これらの食材をバランスよくとることも、バストアップには大切です。

 

・美容整形でバストアップ

お金に余裕があり、なおかつ確実にバストアップしたいなら、豊胸手術というのも一つの選択肢です。
 一口に豊胸手術といっても、メスを使わない手軽なものから、シリコンや脂肪を注入する本格的なものまで様々あります。
自分の目指すバストの形、サイズ、予算によって施術方法は変わってきますから、事前によく下調べをして、後悔しない方法を選ぶことが大切です。

 

・切らずに出来るバストアップ手術

美容整形でバストアップを目指す場合でも、メスを入れずに行う方法が、バストにヒアルロン酸が主成分の液体を注入していく方法です。
極細の針で注入していくだけなので、メスを入れることがありませんし、施設時間も10分程度と短く、また、注入する位置によって自由自在にバストをデザインできます。
 ただ、サイズアップの幅は0.5カップ〜2カップ程度と少なく、効果も3年ほどと短いのが難点です。

 

・バストアップのための豊胸手術

本格的にバストアップをしたい、半永久的にバストアップをしたいという場合には、やはりメスを使った本格的な豊胸手術が最も確実で効果的でしょう。
 メスを使う豊胸手術には、大きく分けて自分の脂肪をバストに注入していく脂肪注入法と、シリコンプロテーゼなどをバストに挿入する方法があります。
それぞれ、バストの仕上がりやアフターケア、メリットやデメリットが異なりますから、事前に良く調べて、自分の理想やライフスタイルに合った方法を選択することが大切です。

詳細へ